BtoB調査の基本をご紹介!


BtoB調査の方法

BtoB調査は課題に合ったリサーチ対象を選ぶことが大切

BtoB調査は課題に合ったリサーチ対象を選ぶことが大切 BtoB調査は、ビジネス対ビジネスの調査ということで法人顧客をターゲットにしたマーケティングリサーチです。
一口に法人向けといっても、その調査内容は様々です。
例えば、市場の動向を知るための調査もあれば、競合相手のイメージ比較をする場合もありますし、製品やサービスの評価を得るための調査や顧客満足度を知るためのリサーチなど多岐にわたります。
そして、その調査内容がもたらす影響も考えて調査することも大切であるため、リサーチ対象を選ぶことも重要です。
市場動向などを知るBtoB調査であれば、調査の対象になるのはオーナーだったり業界に所属する方になりますが、商品やサービス・顧客満足度となると、対象となる商品やサービスを利用する企業への聞き取り調査となるはずです。
また、リサーチ対象が正しかったとしても、調査対象に偏りが出てしまうと正確な結果が得られません。
そのため、調査に先立って、調査の対象となる業界を研究するなどの準備も必要となります。

BtoB調査のリサーチ対象の選び方は重要です。

BtoB調査のリサーチ対象の選び方は重要です。 BtoB調査を行う場合に、オンラインでも電話調査でもリサーチ対象を明確にする事が重要になります。
BtoB調査という企業に関する営業手法になりますので企業の規模や体質によっても得られる回答が異なってきます。
最後の担当者としては金額や判断を決める決裁権者になります。
決裁権者は金額に関しては十分な考慮をしますが実際に使用するユーザーや販売するスタッフは異なるケースがあります。
次に商品の選定をする人がいます、この選定する人などをリサーチ対象としてなります。
決裁権者の方が重要に感じられますが、商品を選定する担当者が、複数の企業の選択肢がある場合に商品を選別して決裁権者に決済を伺うという企業が多くなりますので、商品を選んでもらうというポイントになります。
商品の選び方に対しても、企業だけでなく今後の有効な商談相手なのかという部分や流通や在庫量なども選定のポイントとなってきます。
調査に対しては、同じ項目でもだれが回答したかを確認します。